プロのデザイナーにデザイン依頼と名刺作成のスマートな選択

名刺

CHOICES

デザインの依頼もできる名刺作成という選択

料金とスピードを重視している名刺作成も魅力的ですが、デザインの依頼もできるところに依頼する選択も効果的です。プロのデザイナーがおおまかなラフ画からきっちりと仕上げてくれるから、印刷まで安心して任せられます。打ち合わせによって全体を決めてから完成版を作るという、一般的なデザインの流れであり、修正も数回ぐらいは通常料金のままで応じてくれるのが普通です。
デザインも依頼できる名刺作成の業者は、オンラインで注文を受け付けているデザイン関係の会社の中から探してみましょう。チラシ作成などのデザイン業務の1つが名刺作成となっているので、インターネット上で検索する時には名刺作成だけではなく、デザインの単語も入れた方がすぐに見つかります。プロにデザインを任せるだけに追加料金がかかるものの、色の組み合わせといった専門的な知識と経験がある人間に考えてもらうと、やはり完成度が段違いです。
本当の意味での自分だけが持っているオリジナル名刺としては、名刺のデザインからプロに依頼する選択肢もあることを知っておきましょう。名刺作成を手掛けているのは、名刺を専門的に扱っているオンラインの業者の他に、印刷物に詳しいデザイン関係の会社もいるのです。

名刺作成は業者へ任せた方が高品質です

社会人になると必要となってくるものは多くあると思いますが、ほとんどの職業に共通して大切なアイテムといえばやはり名刺です。名刺は自分の立場や職種、勤め先などを知ってもらうために必要なものですし、取引先や顧客などに自分という人間を覚えてもらうためにも大切なアイテムといえます。そんな名刺ですが、名刺を作成するとなると、やはりそれなりに予算が必要です。
デザイナーの方に名刺をデザインしてもらったりすると、ある程度の予算がかかってしまうのは仕方がない事です。ですが、中には名刺にそこまで予算をかけたくない方もいると思います。そんな方におすすめなのが、自分で名刺をデザインして名作成を行うという方法です。自分で名刺をデザインして名刺作成を行えば自分らしい名刺を作ることができますし、お金もかからないので非常におすすめです。ですが、やはりプロの使うようなデザインソフトを使って名刺をデザインするのは素人には中々に難しいと思います。なのでそういった場合には、ワードを使うのがおすすめです。
実はワードでも名刺のデザインはできるのです。もちろん複雑なデザインにすることは難しいですが、ワードなら使い慣れているという方も多いと思うので簡単に名刺作成を行いたい方にはおすすめです。デザイン決定後は、印刷は業者に依頼すると良いでしょう。

フリーランスの名刺作成について

フリーランスの場合、本名ではなくペンネームなどで活動している人も多いと思います。名刺に両方記載したいときは、ペンネームと別に括弧書きで本名を記入しておくこともできます。屋号を持っている場合は当然記載しましょう。フリーランスでも事業の拡大を考えているのであれば、開業届を出して屋号を取得しておいたほうがいいでしょう。
住所については、多くのフリーランスは自宅などのプライベートな場所で仕事をしているため、住所を名刺に記載するべきか迷われると思います。そこであらかじめ、住所の記載があるものと、ないものの2種類を作成しておくことで、大事なクライアントとの挨拶時は住所ありの名刺を、交流会や不特定多数の集会では住所なしの名刺を利用することで使い分けすることをおすすめします。
電話番号はフリーランス事業専用の番号を準備して記載したほうがいいでしょう。新たに取得するのが難しい場合は事業用の携帯電話を持つのがよいと思います。電話番号の記載も住所と同じように、記載ありとなしの2種類の名刺を作成しておくことで不特定多数に知られてしまうことを防ぐことができます。
メールアドレスはフリーランスの場合は必須の記載項目だと思われます。事業専用のものを、できる限りフリーメールではない独自ドメインのもので記載しておくことをおすすめします。名刺作成時には意識しておいて下さい。


アドプリントさんで名刺作成をお願いしてみてはいかがでしょうか?高品質の用紙を使用して、他の業者さんでは手掛けることのデザイン性豊かな名刺を作成してくれます。

POST LIST

2017年11月14日
業者に名刺印刷を依頼するメリットとはを更新しました。
2017年11月14日
名刺作成はフォント選びが重要を更新しました。
2017年11月14日
名刺作成を依頼する優良業者の見分け方を更新しました。
2017年11月14日
名刺作成で決めておくことを更新しました。